チームファイト タクティクス パッチノート12.12

作者MinionsRpeople2
  • クリップボードにコピーされました

ドラゴンランドの探索者の皆さん、新しいパッチノートのお時間ですよ!

パッチ12.12では様々な変更が「発見」されましたが、これらは主に過剰な活躍を見せているユニットのバランス調整(不遇なユニットへのバフも少しだけ含まれます)、ティア1チャンピオンの戦力下方修正、各種特性/ユニットの耐久力低下を通じた戦闘の高速化の3種類に分類されます。
Rodger "MinionsRpeople2" Caudill

2022年6月28日(太平洋標準時) ミッドパッチアップデート

どうも、またお会いしましたね!

現在のメタはごく一部の構成が圧倒的な強さを見せる「トップ偏重」状態にあります。しかし、次のパッチは7月13日(Riotの夏季休暇のためパッチ期間が長めになっています)とかなり先であるため、今回はトップ構成のバランス調整と特に不遇な状態にあるユニット/特性のバフを実施することにしました。なお今回は、普段よりも大きめのミッドパッチアップデートであるため、その影響度も通常のパッチと同程度になることが予想されます。

オーグメント

現状、「アストラルの魂」オーグメントは最低クラスの活躍しかできていません。全員を★3にするという目標がある以上、アストラル特性が+1されても浮いた1体を切ることができないため、戦略的な意味は生まれません。

「龍術師の心」はシルバーオーグメントとして強力すぎる状態にありました。かなり早い段階で龍術師(6)を発動させられるだけでなく、ジェイドやレイジウィングといった特性も同時発動させることで中盤戦を極めて有利に進められるためです。
  • アストラルの心:削除
  • 龍術師の心:削除

特性

現在はアサシンがジャンプするタイミングで各ユニットがゆっくりと移動を開始するため、キャリーを守るべく周囲を固めてもアサシンが隣にジャンプしてくることがありました。これは必ず発生するわけではありませんが、確実に防止するために修正を実施しています。

アストラルは強いはずの序盤戦ですら、信じられないほど弱い状態にあります。ユニットの★レベルを上げる行為は楽しいものであるべきですが、現在はその楽しさが損なわれています。原因は肝心のユニットが弱いこと(詳細は次の項をご覧ください)と、狙ったユニットが引けないことです。

龍術師(6)は中盤戦の圧倒的最強構成となっており、さらにキャリー役にもスウェイン、リー・シン、ボリベアと複数の選択肢が存在している状態です。早い段階で龍術師(6)を発動できると凄まじい体力と火力を兼ね備えたキャリーを作り出すことができるため、対戦相手は「この相手にどう対処するか」に忙殺され、自分の構成を考える時間を確保できません。これはプレイ体験を損なう状態です。なお祝福を受けた英雄の★レベルを上げた時のステータス上昇率も同時にバフされているため、育てたキャリーが終盤戦では全然活躍できないという状況にはならないはずです。
  • アサシン:他のユニットの移動開始前にジャンプするよう修正
  • アストラル - アストラルショップのアストラルユニット確定出現数:2 ⇒ 3
  • 砲手 - 範囲ダメージの攻撃力反映率:150/200/250/300% ⇒ 150/210/280/350%
  • 龍術師 - 英雄の増加体力:450/1350/2250 ⇒ 300/750/1400
  • 龍術師 - 英雄の増加魔力:20/60/100 ⇒ 15/35/60
  • 龍術師 - 英雄の★レベルによる増加体力/魔力:10% ⇒ 20%
  • フェスティバル - 爆竹の魔法ダメージ:150/175/225/275 ⇒ 140/170/225/300
  • スケールスコーン - 追加魔法ダメージ:20/50/80% ⇒ 15/50/100%
  • ウィスパー - 増加攻撃力/魔力:1/2/4/6 ⇒ 1/3/5/8

ユニット:ティア1

龍使い構成に組み込むと序盤戦随一のタフさを発揮しているタム・ケンチ。この構成は序盤に強いフェスティバル特性の固定ダメージを活かしつつノムジーまで召喚できるため、ずば抜けて強い状態にあります。

ドラゴンランドのブラッドミアはこのたび、名誉ある「もっと改善できるで賞」を受賞しました。というわけで鉄分不足の可愛そうなメイジにバフです。「鉄」壁とはいえないまでも、打たれ強くなりました。
  • エズリアル - 「ミスティックショット」ダメージ:150/225/300 ⇒ 155/215/285
  • スカーナー - 「クリスタリング」シールド量:275/325/375 ⇒ 300/360/420
  • タム・ケンチ - 体力:700 ⇒ 650
  • タム・ケンチ - 「ゆるゆる皮膜」基本シールド量:250/300/350 ⇒ 240/250/275
  • ブラッドミア - 体力:650 ⇒ 700
  • ブラッドミア - 物理/魔法防御:40 ⇒ 45
  • ブラッドミア - 「吸血」回復量:200/250/300 ⇒ 270/300/330

ユニット:ティア2

キャバリエ界の花、リリアに多数の変更を実施。こちらはメイジ(とキャバリエ)の総合的ナーフとなっています。
  • リリア - バグ修正:近くの敵ユニットではなく、ターゲット中の相手にスキルを発動するよう修正
  • リリア - 最大マナ:0/60 ⇒ 0/50
  • リリア - 「あぶない!」基本ダメージ:175/250/350 ⇒ 215/275/350
  • リリア - 「あぶない!」中心部の追加ダメージ:175/250/350 ⇒ 150/225/350
  • キヤナ - 最大マナ:30/90 ⇒ 40/100

ユニット:ティア3

オラフのナーフなし!?いえ、そんなことはありません。オラフはアサシン構成でのみ圧倒的な強さを示していたため、キヤナ、ダイアナ、そしてアサシン/スケールスコーン特性へのナーフを通じて調整しています。
  • ダイアナ - オーブの数:6/7/8 ⇒ 5/6/7
  • リー・シン - 「龍の怒り」ダメージ:300/375/500 ⇒ 280/360/480
  • スウェイン - 「龍帝戴冠」ダメージ:75/115/175 ⇒ 65/105/165
  • サイラス - 「ペトリサイトバースト」シールド量:300/350/400 ⇒ 365/415/475
  • サイラス - 「ペトリサイトバースト」ダメージ:100/150/200 ⇒ 110/170/240

ユニット:ティア4

今回ナーフ対象となったユニットには「構成や★レベルに関係なく起用できるほど強力だった」という共通点があります。今回の変更により「一番強いユニットだから構成に関係なく起用する」状態が、「それぞれのユニットに合った構成でキャリー役として活躍する」状態になることを願っています。

一方、サイ・フェンはこの項に並んでいるユニットたちとは真逆の問題を抱えており、特に★1では弱く、アイテムなしではさらに弱い状態でした。そこで今回は基本ステータスをバフし、ウィスパー構成がしっかり活躍できるようにしています。
  • コーキ - マナ:0/70 ⇒ 20/80
  • コーキ - 「ドデカミサイル」ダメージ:125/200/500 ⇒ 110/170/600
  • イダス - 「黄金の鱗」ダメージ軽減:50/75/300 ⇒ 35/50/300
  • イダス - 「黄金の鱗」シールド量:200/300/2000 ⇒ 180/275/2000
  • イダス - 「黄金の鱗」シールドの増加攻撃速度:40% ⇒ 30%
  • オーン - 「荒ぶる精霊」攻撃速度低下の効果時間:3秒 ⇒ 2秒
  • オーン - 「荒ぶる精霊」スタン効果時間:1.5/2/8秒 ⇒ 1.25/1.75/8秒
  • ソナ - 「クレッシェンド」ダメージ:190/275/1000 ⇒ 200/300/1000
  • サイ・フェン - 攻撃力:100 ⇒ 110
  • サイ・フェン - 最大マナ:120/200 ⇒ 120/175
  • サイ・フェン - 「龍の猛攻」噛みつきダメージの攻撃力反映率:450/500/2500% ⇒ 500/525/2500%
  • ザヤ - 「フェザーズフライ!」羽根呼び戻し時のダメージ:15/20/50 ⇒ 12/20/40
  • ザヤ - 「フェザーズフライ!」羽根の攻撃力反映率:25% ⇒ 20%

アイテム

「ドラゴンランド」で猛威を振るっているものといえば、ドラゴン級の巨大な爪、翼、そして体力ゲージです。そして膨大な体力を持つユニットが増えたことで、一部のアイテムが突出した強さを発揮していました。
  • ジャイアント スレイヤー - 基本ダメージ増加率:25% ⇒ 20%
  • ジャイアント スレイヤー - 最大体力2200を超える敵ユニットへの増加ダメージ:50% ⇒ 45%
  • サンファイア ケープ - 体力:400 ⇒ 300

バグ修正

  • チャンピオンの王冠:戦闘中に装備させた際、即座に発動しないよう修正

2022年6月23日(太平洋標準時) バランス調整


最新パッチでは多数のナーフ、大型変更、ユニットが実施されましたが、そのうちのいくつかのバフが大きすぎたことが判明しました。

まずデイジャについて。最新パッチの変更はビジュアルの強化された巨大なスキル「突風」をメイン火力にすることを意図したものでした。しかし、「突風」のスキルダメージ自体は想定した強さになっていた一方で、「突風」ダメージを強化する装備(インフィニティ エッジとジュエル ガントレット)が同時に通常攻撃も大幅に強化していました。このため今回のミッドパッチアップデートでは、攻撃力と通常攻撃時の自動効果(魔法ダメージ)を低下させています。これで彼女がちょろっと風を起こせば敵がバタバタ倒れていくようなことはなくなるでしょう。

このほか、パッチ12.12で実施したレジェンド特性およびボリベアの「無慈悲の嵐」に対するバフを完全撤回しています。なお、攻撃速度のバフには変更ありません。

またバランス調整以外では、12.12のパッチノートでシェンに関する情報に誤りがあった箇所を2点修正しています。修正内容はマナナーフに関する数値の表記追加と、攻撃速度バフの削除です。この2点の詳細な修正内容については以下にも明示的に記載してあります。
  • デイジャ - 攻撃力:40 ⇒ 20
  • デイジャ - 「突風」自動効果 - 通常攻撃時効果の魔法ダメージ:55/85/300 ⇒ 30/45/200
  • ボリベア - 「無慈悲の嵐」発動時の増加体力:550/1000/1800 ⇒ 375/650/1200
  • ボリベア - 「無慈悲の嵐」通常攻撃3回ごとの魔法ダメージ:170/180/190 ⇒ 160/175/190
  • レジェンド(特性) - 魔力の吸収率:50% ⇒ 40%
  • シェン - 最大マナのナーフ(パッチノート表記の修正):60/90 ⇒ 60/105

2021年6月23日(太平洋標準時) バグ修正


宝物龍とステージ5-1のラウンド遷移を廃止したことで、ハイパーロールのプレイヤー(ハイパーローラたち)は当該ラウンドで獲得できていたXPを入手できなくなっていました。本件については、ハイパーロールのハイパーさを維持するためXPを付与するよう修正しています。
  • レベル8、9に到達するタイミングが1ラウンド遅くなっていたバグを修正

パッチハイライト

TFTは3歳になります!

え、あと少しで運転免許も取れる歳じゃないですか!

誕生日フラッターケーキ

誕生日を祝して特別ミッションを設けました。しっかりクリアして誕生日フラッターケーキを受け取ってください。このカワイさ、ムシできない!
  • ミッション名:★★バースデー - TFTを3試合プレイ
  • 報酬:誕生日フラッターケーキ リトルレジェンド

大型変更

ふだん獲得するLPの量くらい大きな、大きな変更です。

宝物龍

ショッピング(宝物龍)のラウンドから次の準備ラウンドへの遷移がスムースでないため、ショップの自動リロールと宝物龍ラウンド~ステージ5-1間の遷移時に発生していたゴールド付与を廃止しました。廃止の理由は、自動リロールの発生タイミングが他のラウンドと大きく異なるため不意を突かれるような格好になってしまい、プレイヤーがショップのロック/ユニットの購入を忘れるケースが多くなっていた(あるい単に不自然なほど長いタイマーのようになっていた)ためです。またこれに合わせて、ステージ遷移時にゴールドが付与されないよう変更しています。
  • ステージ5-1開始時(宝物龍の直後)にゴールド入手とショップリロールが発生しないように変更
  • ステージ4-7~5-1への遷移時間(3秒)を廃止
  • ステージ4-7のラウンド(60秒)終了2秒前に宝物龍の内容が自動決定されないよう変更

戦闘ペース

(龍のダジャレは我慢…龍のダジャレは我慢…龍のダジャレは我慢…)

前衛ユニットが筋骨龍々すぎて序盤~中盤の戦闘が長引きすぎていたため、多数の前衛ユニットに若干のナーフを実施し、戦闘ペースを高速化しています。

…我慢できませんでした。
  • ブルーザー - 体力:200/350/500/800 200/325/450/700
  • ドラゴン - 体力:750 700
  • ガーディアン - シールドの最大体力反映率:35/50/65% 30/45/65%
  • ミラージュ - ドーンブリンガーの決意 - 最大体力に対する回復割合:50/75/75%(回復2回)/150%(回復2回) 40/70/70%(回復2回)/125%(回復2回)
  • シェイプシフター - 体力増加率:50/100/150% 45/90/135%

特性

トップクラスの活躍を見せている各種大規模特性に一定量のナーフ、最上位ティアボーナスが不遇状態の一部特性にバフを実施しています。

シマースケールについては、「当たり枠」と「ハズレ枠」の一部に調整を加え、特性としての安定感を改善しています。
  • アサシン - 追加クリティカルダメージ:20/40/60% 15/30/50%
  • 砲手 - 5発目の攻撃力反映率:150/175/225/275% 150/200/250/300%
  • レジェンド - 魔力の吸収率:40% 50%
  • レイジウィング - 攻撃速度:50/150/250% 50/125/225%
  • レイジウィング - オムニヴァンプ:30/50/80% 30/50/70%
  • シマースケール - 専用アイテム数:1/2/3/5 1/2/4/5
  • シマースケール - 専用アイテム - ドレイヴンの斧 - 出現ゴールド:10ゴールド 8ゴールド
  • シマースケール - 専用アイテム - ギャンブラーの剣 - 通常攻撃時のゴールド出現率:5% 6%
  • シマースケール - 専用アイテム - 黄金の心 - ゴールド出現に必要なユニット数:2 3
  • スイフトショット - 1マスあたりの攻撃速度上昇率:12/25/40% 10/20/40%

ユニット:ティア1

多くのティア1ユニットが他のティアのユニットよりもコスト比でやや強すぎる状態にあったため、コストに合った強さになるようナーフを実施しています。この変更は大型変更・小型変更の両方に含まれます。

タム・ケンチのダメージ反射効果は内部クールダウンのしくみが分かりにくかったため、通常攻撃を3回受けた時にダメージを反射する効果に変更しました。これに伴いフェスティバル特性との相性も向上しています。この他、★3タム・ケンチがやや硬すぎたためシールド量を改めて下方修正しています。
  • エズリアル - 「ミスティックショット」ダメージ:175/250/350 150/225/300
  • ハイマーディンガー - マナ:40/80 50/100
  • ハイマーディンガー - 「タマゴ投げ」ダメージ:225/300/400 225/325/450
  • ハイマーディンガー - 「タマゴ投げ」スタン効果時間:1.5/1.75/2秒 1.5秒
  • カルマ - 「心炎」ダメージ:225/300/375 200/275/350
  • カルマ - 「心炎」爆発ダメージ中心位置:対象のやや手前 ⇒ 対象の位置(対象が密集している場合に安定して周辺の全ユニットに命中するように)
  • セト - 「ナックルダウン」攻撃力反映率:170% 150%
  • タム・ケンチ - リワーク:魔法ダメージの発生タイミングを内部クールダウン終了時から通常攻撃を3回受けた時に変更
  • タム・ケンチ - リワーク - ツールチップ:「シールド持続中のみダメージが発生する」としていた箇所を削除。ツールチップの内容を「敵から通常攻撃を3回受けた時、攻撃者に魔法ダメージを与える」に更新
  • タム・ケンチ - 「ゆるゆる皮膜」シールド量:250/300/425 250/300/350

ユニット:ティア2

  • シェン - 最大マナ:60/90 75/105

ユニット:ティア3

ダイアナは強力なユニットでしたが、その強さの一因はバグに起因するものでした。今回の変更は彼女の強さに大きな影響を与えるため、以下に示すいくつかのバグを修正した上で予防的なナーフを実施しています。

オラフの基本攻撃力を10低下させました。これは基本ステータスの低下であるため★2、★3のステータスにも大きく影響します(基本ステータスは★2で180%、★3で320%に上昇するため)。このため今回の変更は★2で攻撃力-18、★3で攻撃力-32のナーフとなります。★1での低下量は少なく見えますが、オラフは一般的に★3を目指すタイプのユニットであるため、かなり大きなナーフとなるでしょう。

リー・シンは龍術師の祝福で圧倒的な体力を獲得し、被ダメージで獲得したマナでスキルを連発していました。しかし彼のスキルは強烈なCCであるため、今パッチではスキル発動頻度を低下させています。代わりにダメージはバフされているので、いざ発動した時の威力は満足いくものになっているでしょう。

タンク役メイジとして使用されているサイラスにリワークです。シールドの安定性が増したほか、シールド持続中のマナリーヴ効果射程が2マスに伸びており、タンクとしての有用度が上昇しています。

ボリベアは現状ほぼ特性要員となっているため、大型バフを実施しています。これでしっかり嵐を呼んでくれるでしょう。
  • アニビア - 「プリズムストーム」ダメージ:300/400/600 325/450/700
  • ダイアナ - バグ修正:オーブ爆発時にシールドがスタックしていたバグを修正し、仕様通りシールドを「更新」するよう変更。加えてオーブのダメージが正しく魔力を反映するように修正
  • ダイアナ - 「朧月の羽衣」オーブのダメージ:100/110/120 80/90/100
  • イラオイ - 「コズミック・ラッシュ」物理/魔法防御奪取率:40% 33%
  • リー・シン - 「龍の怒り」ダメージ:275/325/425 300/375/500
  • リー・シン - マナ:0/70 40/100
  • オラフ - 攻撃力:60 50
  • サイラス - リワーク:1回目の「ペトリサイトバースト」からマナリーヴ効果を削除、マナリーヴ中の対象に対する2回目のスキル発動時に獲得していたシールドを削除
  • サイラス - 新規追加:1回目のスキル発動でシールドを獲得
  • サイラス - 新規追加:シールドが残っている状態でスキルを発動するとスキルの効果範囲が拡大(2マス)し、命中した敵にマナリーヴを与える
  • サイラス - 新規追加:サイラス - シールドをスタック可能に変更
  • サイラス - 「ペトリサイトバースト」シールド量:700/750/800 300/350/400
  • サイラス - 「ペトリサイトバースト」ダメージ:150/225/350 125/200/300
  • サイラス - マナ:50/100 60/120
  • ライズ - 体力:650 600
  • ボリベア - 攻撃速度:0.7 0.75
  • ボリベア - 「無慈悲の嵐」発動時の増加体力:375/650/1200 550/1000/1800
  • ボリベア - 「無慈悲の嵐」通常攻撃3回ごとの魔法ダメージ:160/175/190 170/180/190

ユニット:ティア4

敵チームの奥深くに飛び込み、キャリーからキャリーへと体操選手のように飛び回るタロン。でも刃物を持って走ってはいけないなんて幼稚園で教わることですよね。彼もそれを分かっていたのか(?)切れない刃を持って戦闘に臨んでいたようです。要約すると、タロンの「シャドウアサルト」にはバグがあり、刃の輪はメインターゲット以外にダメージを与えていませんでした(タロン構成はそれでもアサシン特性の強さを活かしてキャリーをなぎ倒していましたが)。そして今回はこのバグを修正したため予防的ナーフも同時に実施。既にエッジィさはドラゴンランド随一なので、ティア4キャリーとしての存在感は少し抑えてもらいます。

ドラゴンランドには攻撃速度系キャリーが多数存在するため、デイジャを正統派魔力系キャリーへ変更することにしました。そもそもミラージュ特性には既にヨネという攻撃速度系キャリーがいますからね。引き続き攻撃速度系キャリーとして運用することも可能ですが、最大マナが減少したためスキルを撃っている時間が長くなるでしょう。
  • コーキ - 「連発ミサイル」 - 「ドデカミサイル」(最後の1発)爆発位置:命中するまで飛翔し続けるのではなく、常に対象の位置で爆発するよう変更
  • デイジャ - リワーク:デイジャ - 通常効果時の弾幕3発:スキルの発動から10秒間持続するバフ扱いだったものを、常時発動の自動効果扱いに変更
  • デイジャ - 最大マナ:90/120 0/100
  • デイジャ - 攻撃速度:0.8 0.6
  • デイジャ - 「突風」自動効果 - 通常攻撃時効果の魔法ダメージ:35/55/200 55/85/300
  • デイジャ - 「突風」自動効果 - 通常攻撃時効果の魔法防御低下量:3 5
  • デイジャ - 「突風」ダメージ:100/175/1000 225/350/1500
  • デイジャ - 「突風」:ダメージの発生タイミングがビジュアルと一致するよう調整
  • タロン - 刃を当てるユニットが範囲内に存在しない場合、スキルを発動しないように変更
  • タロン - バグ修正:「シャドウアサルト」の刃を呼び戻す際、刃に触れたメイン攻撃対象以外の敵にダメージを与えていなかったバグを修正(命中したサブ対象にもダメージを与えるように)
  • タロン - 「シャドウアサルト」刃の攻撃力反映率:00/100/200% 75/75/200%
  • バグ修正後の合計ダメージ:150/150/400%

ユニット:ティア5

巨大な体躯と紅蓮の炎が特徴的なシヴァーナ。しかし肝心の「フレイムブレス」を外しがちで、その強さはイメージ通りとは言い難い状態でした。今回の変更はそんな彼女の強さ・安定性をぐっと向上させるものです。★3シヴァーナで敵を焼き尽くすシーンが撮れたらぜひTFTのTwitterアカウントに自慢の動画をお寄せください!
  • シヴァーナ - リワーク:より賢く、より憤怒に満ちたドラゴンになりました
  • シヴァーナ - 「龍族の血統」着地時のダメージ:250/400/750 100/175/500
  • シヴァーナ:変身直後に「フレイムブレス」を発動するよう変更
  • シヴァーナ - 「フレイムブレス」の向きが自身の移動方向に応じて変わるよう変更
  • シヴァーナ - 「フレイムブレス」:スキル対象がいなくなった場合に新たな攻撃対象を探すよう変更
  • シヴァーナ - 「フレイムブレス」:発動中、常に激昂状態になるよう変更
  • シヴァーナ - 「フレイムブレス」持続時間:1秒 3.5秒
  • シヴァーナ - 「フレイムブレス」ダメージ発生間隔:0.25秒 0.5秒
  • シヴァーナ - 「フレイムブレス」:ダメージが3回以上~ダメージ上限に達するまで発生するよう変更
  • シヴァーナ - 「フレイムブレス」最大体力に対するダメージ率:30/40/200% 45/60/300%
  • シヴァーナ - マナ:0/30 45/75
  • シヴァーナ:★3時の賢さと憤怒が大幅上昇

アイテム

戦闘が長引く展開が多く、そのためにユニットの通常攻撃回数が普段よりも増加していたため、デスブレードがもたらす攻撃力の価値が通常よりも高くなっていました。
  • デスブレード - 攻撃力:40/70/100 40/60/80
  • ルミナス デスブレード(レディアント) - 攻撃力:60/100/140 60/90/120
  • サンライト ケープ(レディアント) - 体力:800 600

オーグメント

「アセンション」オーグメントについては、ドラゴンランドでは戦闘が通常よりも長引く傾向にあったため安定的に発動できる状態が続いていました。

開発チームは「特別製」を特性が発動しないように工夫しながら構成を作っていく、試合の最後まで使い続けられる戦略にしたいと考えています。しかし最近は序盤を連勝進行するために使い、終盤戦では完全に無視するケースが見られるようになってきました。そこでオーグメントの効果がステージ数に応じて強化されるようにすることで、序盤の連勝を一層狙いやすくしつつ、終盤戦でも強力になるよう変更しています。

「ニコニコ」はバランスの取れた状態でしたがワクワク感に欠けていたため、序盤戦のワクワク感と影響度を高めるべく変更を施しています。

最後はクラウン/魂系のオーグメントで付与されるアイテムの変更です。これらは特に序盤に対象オーグメントを選びやすくすることを意図した変更となっています。
  • アセンション - ティア:シルバー ゴールド
  • アストラルの心 - ティア:ゴールド シルバー
  • バイナリー空中投下:追加でランダムな素材アイテムを付与するよう変更
  • 特別製 - リワーク:ステージ2~5(ハイパーロールでは4~8)で進行に応じて強化値が上昇するよう変更
  • 特別製 I:体力300、攻撃速度50% 体力250/300/350/400、攻撃速度40/50/60/70%
  • 特別製 II:体力400、攻撃速度60% 体力300/400/500/600、攻撃速度50/60/70/80%
  • 特別製 III:体力500、攻撃速度70% 体力400/500/600/700、攻撃速度60/70/80/90%
  • 砲手のクラウン - 付与アイテム:ジャイアント スレイヤー ルナーン ハリケーン
  • ジェイドの魂 - 付与アイテム:アイオニック スパーク 巨人の誓い
  • 浪費 - ダメージ増幅率:40% 50%
  • 跳弾(砲手) - 跳ね返り攻撃のダメージ低下率:66% 50%
  • シェイプシフターの魂 - 付与アイテム:ハンド・オブ・ジャスティス サンファイア ケープ
  • タイタンの力 - 最大体力の攻撃力変換率:2% 1.5%
  • トレードセクター+ - 新規追加:毎ラウンド、無料リロール1回分を獲得する。即座に5ゴールドを獲得する
  • トレードセクター+:ステージ3-2でのみ出現する
  • ニコニコ - リワーク:ランダムな★2ティア1チャンピオンを1体と、ランダムな★2ティア2チャンピオンを1体獲得する
  • 生気吸引 - イヴォーカーのマナ奪取量:4 5
  • 瞑想 - アイテムを装備していない味方ユニットのマナ回復量/秒:5/7/10 4/6/8
  • 追火 - レイジウィングチャンピオンがダメージを5回与えた時のダメージ増幅率:40% 33%
  • 金のタマゴ - 孵化までの基本ターン数:10 11
  • 起死回生 - 回復する減少体力の割合:50/75% 40/60%
  • ルーデン エコー I - ダメージ:70/90/110/130 60/80/100/120
  • ルーデン エコー II - ダメージ:100/125/150/175 85/110/135/160
  • ルーデン エコー III - ダメージ:140/180/220/260 120/160/200/240

小型変更

ふだん獲得するLPの量くらい小さな、小さな変更です。

特性

アストラル特性は、派生的に発動させた構成(メイン特性のついでに発動させた構成)でこそ活躍しているものがありますが、アストラル(9)は超がつくほど不遇な状態にありました。しかし今回のパッチでアストラルの紋章が復活したため、アストラル(6)、あるいは(9)を発動した状態で好みのチャンピオンに紋章を装備させれば、アストラルショップを活用して★3を狙うことも容易になります。なお、アストラルの紋章はうまく活用した時のポテンシャルが極めて高いため、ドラフトラウンドでは出現しないようになっています。
  • アストラル - 魔力:5/30/60 5/30/70
  • アストラルの紋章:再有効化(ただしドラフトラウンドでは出現しない)
  • ジェイド:翡翠の像に隣接して戦闘を開始したユニットが継続的にバフを受ける点を明確に示すようツールチップを更新
  • スケールスコーン - 追加魔法ダメージ:25/50/80% 20/50/80%
  • ウォリアー - 強化通常攻撃の攻撃力反映率:120/200/300% 120/200/350%

ユニット:ティア1

戦闘ペースを高速化するための耐久性低下ナーフがレオナを直撃。自慢のシールドでも防ぎきれなかったようです。
  • レオナ - 体力:700 650
  • ニダリー - 「高揚」増加攻撃速度:50/55/60% 45/45/45%

ユニット:ティア2

スレッシュの投げ縄(?)スキルがロデオの達人級になりました。
  • ナミ - 最大マナ(ナーフ):40/80 50/90
  • ジンクス - マナ(バフ):60/120 50/100
  • スレッシュ:敵ユニットが移動を開始する前にスキル対象を選択するよう変更(戦闘開始時に最も遠い敵がキャバリエの場合、そのキャバリエにフックを当てるようになる)

ユニット:ティア3

ルルとヌヌに僅かなナーフです。
  • ルル - マナ:70/140 75/150
  • ヌヌ - 「丸かじり」ダメージ:350/500/900 350/500/800
  • スウェイン - 「龍帝戴冠」ダメージ:70/110/165 75/115/175

ユニット:ティア4

さすがのザヤもこのナーフは避けきれなかった様子。★2ではやや強すぎる程度でしたが、★3での暴れっぷりが特に凄まじかったためナーフ対象となりました。
  • ザヤ - 「フェザーズフライ!」飛ばす羽根の数:2/2/5 2/2/4
  • ザヤ - 「フェザーズフライ!」羽根のダメージ15/25/75 15/20/50

ユニット:ティア5

  • アオ・シン - 体力:950 900
  • オレリオン・ソル - 体力:950 900
  • ヤスオ - スキル発動3回目の攻撃力反映率:300% 250%
  • ゾーイ:アイバーンの「デイジー!」を召喚する位置を、自身の位置から対象の位置に変更
  • ゾーイ - ジャンナの「ハウリングゲイル」スタン効果時間:1.5秒 1.25秒

オーグメント

  • 犠牲的な協約:ステージ2-1でのみ出現するよう変更
  • ダブルトラブル III - 攻撃力/魔力/物理防御/魔法防御:55 50
  • 激励 - 攻撃速度:60% 70%
  • 歩く鍛冶場 - オーブのVFXをオーンアイテムのオーブに変更
  • パーティータイム!(フェスティバル) - キル/アシスト獲得時の攻撃速度上昇率:75% 80%
  • 戦闘準備:ステージ4-2で出現しないよう変更
  • レディアントの遺物 - 選択肢の数:4 5

モード

ダブルアップ

計画を立てやすくしました。
  • ダブルアップのラウンドトラッカーにアイコンを追加し、マウスカーソルを合わせると(タップすると)「忠義のルーン」の入手タイミングが確認できるようになりました。

ハイパーロール

ノムジー、少し食べ過ぎだったね。
  • シマースケール - 専用アイテム - ドレイヴンの斧 - 出現ゴールド:10ゴールド 8ゴールド(ハイパーロール:8ゴールド 7ゴールド)
  • シマースケール - 専用アイテム - 黄金の心 - ゴールド出現に必要なユニット数:2 3(ハイパーロール:1 2)
  • シマースケール - 専用アイテム - モーグル メイル
  • (ハイパーロール - 最大スタックでのゴールド数:4 3)
  • 龍使い:常時2個だったおやつの数を下方修正し、一定確率で1つ増えるように変更

バグ修正

  • サイ・フェンのツールチップを更新し、スケール性能と性別を示す代名詞を修正
  • アオ・シン - ツールチップ更新:対象のマナを「吸収」するのではなく「減少」させる内容に修正(この効果でマナは吸収されない)
  • エイトロックス:スキル発動時に武器が消えていた問題を修正
  • 台風の目:テンペスト特性を不発動状態にしても電撃後のボーナス魔力が付与されていた問題を修正
  • イダス:イダスのシールドがシールド量&回復量チャートに反映されるよう修正
  • アストラル:★3でないアストラルユニットが存在する場合、アストラルショップにアストラルユニットが登場し続けるよう修正(オレリオン・ソルを除く)
  • アストラル:ショップのリロールカウンターが特性の発動/不発動をまたいでも維持されるよう変更
  • アストラル:★3アストラルユニットが複数存在する場合のオーブ価値決定条件を改善するようスクリプトを調整(アストラルの心/魂オーグメント獲得時に生じていたバグ防止)
  • アストラル:(6)、(9)のアイコン色を正しいものに修正
  • ジーク ハーモニー(レディアントジークの使者):オムニヴァンプを仕様値の10%に修正(修正前0.1%)
  • ニーコ:擬態する味方を選択する際の挙動を安定化、時折隣接する別ターゲットに変身していた問題を修正。ノーモア優柔不断!
  • ミラージュ:「エレクトリック オーバーロード」のツールチップを修正、割合ダメージが敵の最大体力でなくミラージュユニットの最大体力に基づくことを明示
  • メイジ:特性ボーナスによるスキル発動中にマナを獲得しないよう修正、さらにスキルの通常発動時にマナロックされるよう変更
  • ナミ/キヤナ:アイテムを装備させる際のヒットボックスを変更し、装備させやすくなるよう調整
  • ヌヌ&ウィルンプ:ゾーニャの遡時計やダイヤモンド ハンドなどのダメージ無効化効果を残している敵ユニットを「丸かじり」でキルできないよう変更(「丸かじり」は発動するが、キルできないためその場に残る)
  • ビッグフレンド II:ステージ2-1での出現率が意図した値よりも高かった問題を修正
  • 古の記録/カースドのクラウン:アイコンが表示されるよう修正
  • キヤナ:スキルを2回発動することがあった問題を修正
  • コーキ:「ドデカミサイル」発動後に攻撃しなくなることがあったバグが残っていたため修正。今回で修正できた考えていますが、引き続き注視していきます
  • ニーコ:コピーした味方の魔力を自身の魔力に「上乗せ」していたため、対象の魔力を「コピー」するよう修正
  • サイラス/セジュアニ:ラピッドファイアキャノン装備時にスキル発動に失敗していた問題を修正
  • ライズ:攻撃対象がデッドまたはターゲット不可(ナイトエッジのステルス効果、ゾーニャの遡時計の固有時停止など)になった場合、安定して攻撃対象を切り替えるよう修正
  • ナミ:残り体力の(絶対値ではなく)割合が最も低い味方を回復対象とするよう修正
  • ヘカリム:スキル発動前に攻撃対象のほうを向くよう修正(ヘカリムがレイジ満タンで戦闘を開始した時に不自然な方向へスキルを発動していた問題への対応)
  • ブラウム:基本クリティカルダメージを150%から130%へ修正
  • ニーコ:特定の状況でインフィニティ エッジの効果を二重に受けていた問題を修正
  • 古の記録:出現オーブの色を青からゴールドに修正
  • 盗賊団 I:出現オーブの色をゴールドから青に修正
  • 回収箱:出現オーブの色をゴールドから青に修正
  • バンシー クロウ関連バグ
  • ボリベア:バンシー クロウがスキルダメージを正しくブロックするよう修正
  • サイ・フェン:バンシー クロウがノックアップを正しくブロックするよう修正
  • ナー:バンシー クロウがスキルのスタン効果を正しくブロックするよう修正
  • スウェイン:バンシー クロウが火球を正しくブロックするよう修正
  • イラオイ:スキルがバンシー クロウでブロックされた場合に物理/魔法防御を奪わないよう修正
  • バード:スキルがバンシー クロウによって完全にブロックされた場合、ドゥートを生成しないよう修正
  • ノムジー:バンシー クロウがスキルを正しくブロックするよう修正
  • ヌヌ:スキルがバンシー クロウでブロックされた場合も、条件を満たす場合はダメージ増幅効果が発動するよう修正
  • セナ:バンシー クロウのブロック上限値を計算する際、スキルの魔法/物理ダメージの合算値を使用するよう修正
  • リリア:バンシー クロウのブロック上限値を計算する際、スキルの範囲ダメージと追加ダメージ(中央)の合算値を使用するよう修正
  • ダブルアップ - 永遠の守護オーグメント:パートナーの翡翠の像が自分のユニットを守らないよう修正
  • ダブルアップ - 後悔オーグメント:パートナーと自身がどちらも「後悔」オーグメントを取得している場合、それぞれの武装解除効果が発動するよう修正(これまでは1回しか発動しなかった)
  • ダブルアップ - フローズンハート:味方援軍ユニットに攻撃速度低下効果が付与されることがあった問題を修正
  • ハイパーロール - バード:ハイパーロールではドゥートの生成数が倍になる点をツールチップに明記
  • モバイル版チュートリアル:一部のUI問題を修正


  • クリップボードにコピーされました