Dev
Quick Gameplay Thoughts 12月3日:イベントミッションポイント

イベントミッションのポイントシステムが変更になります。今回はこの変更点についてご説明します!

Dev作者Riot Rovient
  • クリップボードにコピーされました

編集部注:この記事はゲームプレイそのものに関するものではありませんが、プレイ時間に対する報酬や、イベント中にどのモードをプレイするかを選ぶ動機などについて説明しています。

Riot Rovientより、12月10日のおしゃれイベントより、「リーグ・オブ・レジェンド」のミッションにおけるポイントの仕組みが変更されることをお知らせします。この変更は、現在のシステムに可能な限り近い形で設計されているため、皆さんのプレイに大きな影響はありません。また、「ミニオンを600体キルする」といった特定の目標に基づいたミッションについては、変更はありません。

では、具体的に何が変わるのでしょうか?

今後、すべてのリーグ・オブ・レジェンドのイベントでは、試合のプレイ回数ではなく、プレイした時間に応じてポイントが付与されます。いくつかのミッションの一般的な目標を、平均的な30分間の対人戦のサモナーズリフトの試合に基づいて変換しました。

  • ウィークリー勝利ミッション:40ポイントを獲得勝利:5ポイント | 敗北:2ポイント —> ゲームをプレイして勝利することで1650ポイントを獲得する。試合をプレイすると1分ごとに4ポイント、または勝利すると1分ごとに6ポイント獲得できます(報酬:トークンx250
  • オーブミッション: 30試合プレイ —> 4500ポイント獲得(報酬:イベントオーブ1+トークンx40
  • トークン保留ミッション:1試合プレイ(報酬:ゲームモードや勝敗に応じてトークンx210 —> 400ポイント獲得(報酬:トークンx20

また、以下の変更も同時に行われます。

  • 「ランダムミッド」と「イベント」のゲームモードでは、試合をプレイすると1分ごとに4ポイント、または勝利すると1分ごとに6ポイント獲得できます。これには「URF」、「ワン・フォー・オール」、「アルティメット スペルブック」などのゲームモードが含まれます。つまり、対人戦のサモナーズリフトの試合と同じ割合でポイントが付与されることになります。
  • TFTの試合では、試合をプレイすると1分ごとに2ポイント、1位~4位の場合は1分ごとに3ポイントが付与されます。TFTの試合時間はカウントされますが、LoLのイベントでポイントを獲得するのに最も効率的な方法ではありません。すべてのTFTの試合は50%の割合でポイントが付与されます。また、LoLのイベントミッションでTFTAFK確認を追加しました。
  • TFTハイパーロールとダブルアップがLoLのミッションの進捗状況に反映されるようになりました。これらのTFTのモードでは、上記の詳細と同じ50%の割合でポイントが付与されます。
  • AI戦の試合では、試合をプレイすると1分ごとに1ポイント、勝利すると1分ごとに2ポイント獲得し、対人戦のサモナーズリフトの試合の33%の割合でポイントが付与されます。このモードでは、トークン保留ミッションにはカウントされません。

ゲームモード

試合1分ごとのポイント付与率

1分ごとのポイント付与率(勝利試合) (Wins)

サモナーズリフトの対人戦

4ポイント

6ポイント

ランダムミッド

4ポイント

6ポイント

イベントゲームモード

4ポイント

6ポイント

すべてのTFTモード

2 points 2ポイント(5位~8位)

3 points 3ポイント(1位~4位)

サモナーズリフトのAI戦

1ポイント

2ポイント

変更の理由は?

これまでのミッションには、プレイヤーの皆さんが試合に費やした時間を尊重しないものや、可能な限り短い試合やモードをプレイすることを推奨するものがありました。

例えば、「30ポイント獲得」(勝利 = 5ポイント、敗北 = 2ポイント)というミッションでは、プレイした時間は全く考慮されていません。あの過酷な45分間のサモナーズリフトのランク戦に敗北…2ポイントが付与されます。敵チームのミッドレーナーが0/12となり15分でサレンダーしてしまい圧勝…5ポイントが付与されます。つまり、獲得したポイントとゲームに費やした時間や労力が必ずしも比例しているとは言えなかったのです。

また、他のミッションでは、ポイントを早く獲得するために、最短、または最も簡単なゲームモードを求めるように仕向けられていました。例えば、「5試合プレイ」というミッションでは、TFTやランダムミッドで早くトークンを獲得しようとするプレイヤーがいました。私たちはプレイヤーの皆さんに、イベント報酬の獲得を効率化するために、自分の希望するゲームモードを犠牲にする必要があると感じてほしくはありません。

TFTファンの皆さん—TFTはLoLのミッションにカウントされますが、ポイントの付与率は低くなります。この変更により、LoLのイベントでの報酬は、LoLの試合での報酬に変わります。(また、TFTには素晴らしいイベントやバトルパスがあることもお忘れなく!)

今回の変更の目的は、LoLのミッションをより楽しく、LoLに特化したものにし、皆さんが好きな試合をプレイすることで報酬を得られるようにすることです。おしゃれイベントでのデータに注目し、必要に応じて今後のイベントに向けて調整を行います。また、皆様からのご意見もお待ちしておりますので、ご感想等あれば、ぜひお寄せください!

今回は以上です。今回の変更で、皆さんがより良いミッションを体験できることを楽しみにしています。プレイヤーの皆さん、幸運を祈ります!



  • クリップボードにコピーされました